ファクタリングを利用すれば信用力が小さくてもスピーディーに資金調達できる

商品の販売やサービスを提供している企業をはじめ、企業取引には売掛金がつきものです。
売掛金は取引成立と同時に支払いを受けるのではなく、月末や翌月払いをはじめ代金の後払いを認める、いわゆるツケです。
将来的には回収を予定しているものの、企業にとってみれば直ぐに資金を得たいのが本音です。
運転資金や投資資金を得るためにも、どうにか回収できないかと思うわけですが、相手にとってみれば代金支払いを先延ばしできるのも企業経営におけるメリットであり、それを条件に購入をしてくれるケースあります。
売掛金を抱え過ぎ、現金が少なくなった企業や、売掛金はあるものの債務超過や税金滞納など財務状況が悪化している場合、どうにか現金を得たいと考えます。
ですが、返済能力が低く信用状態が悪いため、金融機関等ではスムーズに融資が受けられない場合が少なくありません。
そこで、利用したい資金調達術がファクタリングです。
ファクタリングは売掛金を買い取ってもらうことで、直ぐに現金を得ることができます。
売掛金を債権譲渡するので、後で返済する必要もなく、返済能力は問われません。
そのため、良好な売掛金さえあれば、債務超過や税金滞納状態にあってもお金が得られるのがメリットです。http://factoring-guide.com/4shoukou-business.html


ページのトップへ戻る