マンションにおけるつながり、コミュニティの大切さ

マンションという集合住宅で快適に居住するために大切にしたいことの一つに、コミュニティ、すなわち近隣住民との人間関係があります。
単身者向けや、ファミリータイプであっても、転勤族の多い地域の賃貸マンションならば、ご近所付き合いも軽い挨拶のみ、お互い深くは関わらない、という所も少なくはないかもしれません。
しかし、分譲マンションであれば、長期間そこに住むことが前提であるため、ご近所さんとの関わり合いは避けて通れないものです。
子育て世代であるならば、赤ちゃんの泣き声や、階下への足音の騒音等…気をつけていても、どうしても両隣や階下の住民に迷惑をかけてしまう場面が多々出てきます。
そんな時、普段から近隣の方々とコミュニケーションを取り、関係が良好であれば、「お互い様」と許しあえる気持ちも生まれ、トラブルも起こりにくいでしょう。
お年寄りの一人暮らしの方も、ご近所付き合いは重要です。
体調を気遣いあい、困ったときは助け合える関係が理想です。
関わり合いがないために、孤独死を招く…なんて最悪の事態は避けたいものです。
人間関係が希薄になりつつある昨今、ご近所付き合いなんて煩わしいものと捉えがちですが、自分の住まいをもっと住みよくするために、まずは気持ちの良い挨拶から始めましょう。
そして、仲良くなっても、親しき仲にも礼儀あり、を忘れずに、良好な関係を築いていけるといいですね。clickして参考サイトへ

ページのトップへ戻る