夏は胃腸に厳しい時期

夏になるとどうしても水やジュースなどを飲みすぎてしまいがちです。
水分を補給することはとても大切なことですが、それによって胃が疲れてしまうこともあります。
ただでさえ暑さがストレスとなって胃に負担がかかっている時に、いつも以上に水分を飲んだとしたら胃が弱ってしまうのも当然でしょう。
そのため、夏は意外と胃痛に悩まされる方が多いようです。
熱いからといって冷たいものばかりを飲んでいると胃にはよくありません。
水分補給をする時は、冷めた白湯などを飲む方が効果的です。
朝、起き抜けに飲む水だけは別です。
起き抜けに飲む冷たい水はかえって体を温め、胃のためのも良い効果があります。
ストレスを抱え込まないようにすること、胃を冷やしすぎないようにすること、これはいつの時期であっても胃痛を起こさないために重要なことです。
もし、それでも胃の痛みを感じた時は、胃薬で不快感を解消するのも良い方法です。
もちろん、胃薬であれば何でも良いというわけではありません。
胃薬は、できるだけ自然なもの生薬でできたものを選びましょう。
効き目が体にやさしいだけでなく、生薬であれば習慣性になることもほとんどありません。
漢方薬でできている胃薬なら安心して飲むことができます。

ページのトップへ戻る