設備投資ゼロの太陽光発電は第二電力に

自宅で太陽光による電気を作れたら、どんなにいいだろうと思ったことは、これまで何度となくあります。
自然災害が増えてあちこちで停電をしているという話を聞くと、電気が止まるとどれだけ不便な思いをするだろうと思うと、これからは電気も自給自足だと考えてしまうのです。
ただ、ネックはやはり太陽光発電をするために必要な設備を取り付ける費用です。
当初、太陽光発電が登場したときは500万円ほど必要だと言われていたのが、今は200万円程度にまで下がってきていますので、この数字だけを見れば安くなったと言えます。
ただ、現実問題として200万円を思い切って出せるかというと、なかなか難しいのが本音のところです。
その設備投資費用をゼロにしてくれるのが、第二電力の再生可能エネルギー促進事業なのです。
屋根や休眠地を提供すれば、ソーラー発電に必要な機材を第二電力が何もかもセッティングしてくれます。
場所を貸すだけで一銭も出さずに始められる太陽光発電は、かなり魅力的だと思えます。

ページのトップへ戻る