卵子提供で待望の赤ちゃんを授かれます

現代は早期閉経で赤ちゃんを授かれない人や、不妊治療を続けているけれど、効果を実感できないと悩んでいる人が増えています。
卵子提供は第三者に卵子を提供してもらうことで、依頼者の女性が自分自身で妊娠、出産を目的とする治療法です。
エッグドナーは卵子を提供するだけで、妊娠や出産をする必要はありません。
20歳から30歳までの健康な女性で、責任を持ってプログラムに参加できる人が卵子ドナーに適しています。
卵子ドナーに適正があるか調べるために、日本の医療機関で検診や血液検査を受ける必要があります。
経口避妊薬を服用してからホルモン剤を投与して、採卵をするためにタイの現地の病院に数回の通院が必要です。
エッグドナーに登録をしたいと考えている人は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどを用意しておきましょう。
一回でも妊娠や出産の経験のある人は、歓迎されます。
卵子提供を受けることで、不妊に悩んでいる人は待望の赤ちゃんを授かれるようになります。
エッグドナーは精神安定剤を服用しておらず、喫煙の習慣がなく、薬物やアルコールの依存がないことが条件になっています。
卵子ドナーに関心のある若い女性は、適正があるか面接を受けてみましょう。

ページのトップへ戻る