中小企業が新型コロナウイルスに対抗するには

大企業と比べて体力のない中小企業の経営者の方は、今回の新型コロナウイルスの影響の大きさに愕然としていると思います。
新型コロナウイルスは、一旦は緊急事態宣言を解除するまでに至りましたが、2020年の7月に入り、さらに猛威を振るっております。
7月の四連休の前には、過去最大数の感染者数を記録するなど、新型コロナウイルスの影響は強くなる一方です。
これからの時代をいかに生き延びるかは、積極的な新型コロナウイルス対策にかかってきております。

もし、可能であればなるべくテレワークを優先的に導入するようにしましょう。
テレワークをすることによって、従業員の感染リスクを軽減することができますし、社内でクラスターが発生するのを防ぐことができます。
他にも満員電車などで通う毎日の通勤からも解放されますので、一日を有効活用することにも繋がります。
また、中小企業の方は、積極的にRobotic Process Automationサービスを導入することをおすすめします。
例えば、HRコボット for 応募対応のようなRobotic Process Automationサービスを導入することによって、面談などを半自動化することも可能です。
新入社員も新型コロナウイルスの影響で期待できない状況下では、いかに今いる人材で効率よく仕事をまわすかを考えることが、新型コロナウイルス時代を生き残るカギとなります。

ページのトップへ戻る